公募情報の記事一覧

令和2年度 途上国森林ナレッジ活用促進事業
ナレッジ活用実証調査業務 業務委託先の公募(第一回)

2020.06.02

途上国では、森林の減少や劣化を抑制するために、森林資源の持続的活用を図りつつ地域住民の生計向上に資することができる取り組みが進められています。しかし、有用な森林資源が存在するにもかかわらず、その生産・加工や、活用方法、市 […]

令和2年度 途上国森林再生技術普及事業
森林再生技術開発に係る調査業務 業務委託先の公募

2020.05.12

提案書の提出方法を一部変更しました。 森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量の約1割を占めていること、森林の造成等を除き人為的に温室効果ガスを大量に吸収する技術が確立されていないことから、排出と吸収を均衡さ […]

職員募集

2020.02.17

国際緑化推進センターの職員を募集いたします。業務内容・条件などは以下の通りです。 業務内容 当センターの業務のうち次に掲げる業務 森林環境保全、気候変動対策、CSR/SDGs/ESG投資などの分野で、民間企業や関連団体と […]

2020年度 緑の募金国際緑化公募事業

2020.02.04

国際緑化推進センターは、「緑の募金事業」のうち「海外における森林整備・緑化事業」について、公益社団法人国土緑化推進機構の委託を受け、公募に関する手続き・応募案件の一次選考等を行います。 助成事業の概要につきましては、募集 […]

令和元年度 途上国持続可能な森林経営推進事業
事業化可能性調査業務の公募

2019.06.25

途上国では、農地開発等による森林から他の土地利用への転換や、人口増加に伴う木材伐採、薪炭採取、放牧等による森林劣化・減少が進んでいます。このような森林劣化・減少の背景として、持続的な森林経営に対する十分なインセンティブが […]

令和元年度 途上国森林再生技術普及事業
森林再生技術開発に係る調査業務 業務委託先の公募

2019.05.08

森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量の約1割を占めていること、森林の造成等を除き人為的に温室効果ガスを大量に吸収する技術が確立されていないことから、排出と吸収を均衡させるためには、森林の減少や劣化を大幅に […]

2019年度 緑の募金国際緑化公募事業

2019.02.15

国際緑化推進センターは、「緑の募金事業」のうち「国外における森林整備・緑化事業」について、公益社団法人国土緑化推進機構の委託を受け、公募に関する手続き・応募案件の一次選考等を行います。 助成事業の概要につきましては、募集 […]

平成30年度 途上国持続可能な森林経営推進事業
事業化可能性調査業務の公募

2018.06.05

この公募は締め切りました 途上国では近年、農地開発等による森林から他の土地利用への転換や、人口増加に伴う木材伐採、薪炭採取、放牧等によって森林の劣化・減少が進んでいます。このような森林劣化・減少の背景として、持続的森林経 […]

平成30年度 途上国森林再生技術普及事業
森林再生技術開発に係る調査業務 業務委託先の公募

2018.05.08

この公募は締め切りました 森林の減少及び劣化に由来する排出量が全世界の排出総量の約1割を占めていること、森林の造成等を除き人為的に温室効果ガスを大量に吸収する技術が確立されていないことから、排出と吸収を均衡させるためには […]

平成30年度 緑の募金国際緑化公募事業

2018.02.15

国際緑化推進センターは、「緑の募金事業」のうち「国外における森林整備・緑化事業」について、公益社団法人国土緑化推進機構の委託を受け、公募に関する手続き・応募案件の一次選考等を行います。 助成事業の概要につきましては、募集 […]