気候変動・地球温暖化に対する植林活動の貢献度評価

背景・目的

植林は大気中からCO2を吸収することにより気候変動・地球温暖化の緩和に貢献しています。植林によるCO2吸収量を評価するために、国際的には京都議定書のCDM植林やボランタリーなVCS等、一方、国内的にはJ-クレジット制度等があります。
しかし、国際的な制度はルールが必要以上に厳格で費用面の負担も大きく、一方、J-クレジット制度については国内のみを対象としていることから、我が国の企業・NGOがこれらの制度を利用して、海外植林によるCO2吸収量の定量化を行うことは困難です。
そこでJIFPROは、これまでの経験・知見により、簡易で信頼性の高い「海外植林によるCO2吸収量システム」を開発し、企業・NGOの海外植林によるCO2吸収量を定量的に評価し認証書を発行します。

規程

立木の胸高直径の測定

立木の樹高測定