植林地の様子

BL_MARD

ベトナム農林農村開発省大臣からベターリビング理事長への表彰状授与

一般財団法人ベターリビングは、1973年に設立され、安全で快適な住まいづくりを目指して住宅等の設計、施工、部品、材料に関する評価、試験、登録業務や調査研究事業を行っています。
環境貢献活動として「ガスで森をつくる」をキャッチフレーズに、ブルー&グリーンプロジェクトを行っています。これはベターリビングとガス業界が協働で2006年より推進している活動で、省エネ型ガス給湯・暖房機を普及し、それぞれ1台について1本というコンセプトで植林を行ってきました。2006年から2017年にかけて、JIFPROはブルー&グリーンプロジェクトからのご寄付をもとにベトナムで約2,200ha、390万本の植林及び保育を行いました。その結果、CO2吸収による地球環境の改善にくわえて、防砂林による農作物の保護や雇用創出など地域住民の生計にもプラスの効果がありました。また、2017年2月には、ベトナムの農業農村開発省(MARD)の大臣より一般財団法人ベターリビングに対して表彰状が授与されました。

プロジェクト概要

緑の地球の森 ベターリビング ブルー&グリーンプロジェクト第3期

プロジェクト対象地 ベトナム社会主義共和国 フエ省4村、フト省5村、バクザン省2村/td>
プロジェクト期間 2012年6月-2017年3月
プロジェクト目的 CO2吸収による地球環境改善、飛砂防止による農作物保護、地域住民の生計向上
対象面積 1,100ha
樹種 アカシアクラシカルパ(Acacia crassicarpa)、アカシアマンギウム(Acacia mangium

地図

これまでの取り組み

緑の地球の森 ベターリビング ブルー&グリーンプロジェクト第2期

プロジェクト対象地 ベトナム社会主義共和国 フエ省7村
プロジェクト期間 2010年6月-2015年3月
プロジェクト目的 CO2吸収による地球環境改善、飛砂防止による農作物保護、地域住民の生計向上
対象面積 480ha
樹種 アカシアクラシカルパ(Acacia crassicarpa)、モクマオウ(Casuarina stricta

緑の地球の森 ベターリビング ブルー&グリーンプロジェクト第1期

プロジェクト対象地 ベトナム社会主義共和国 タイグエン省ドンハイ県1村、クオンニン省バチェ県1村、ティンエン県1村、カムファ県1村
プロジェクト期間 2006年7月-2013年3月
プロジェクト目的 CO2吸収による地球環境改善、地域住民の生計向上
対象面積 604ha
樹種 アカシアマンギウム(Acacia mangium

関連リンク

  • ガスで森をつくる。BLUE&GREEN PROJECT
  • 一般社団法人ベターリビング