3/14開催:オンラインセミナー「途上国森づくりワークス ー植えるを視える化ー  2023年度の取り組み紹介」

2024.01.15お知らせ

民間企業による途上国での植林促進のために

カーボンニュートラルのためには、森林減少緩和からのCO2排出抑制だけでなく、植林によるCO2吸収機能が期待されています。また、民間セクターでは、SDGsやESG 投資の観点から、ポテンシャルの高い途上国における植林活動に注目が集まり、今後、その貢献度を可視化するニーズが見込まれています。

JIFPROでは、林野庁補助事業「途上国森林づくり活動貢献可視化事業」において、森づくりによる貢献度を可視化するための手法・事例を開発中です。本セミナーでは、本事業の2023年度の取り組みや紹介するほか、民間企業などと連携して植林活動の実施している一般社団法人more treesの水谷事務局長をお招きし、先進事例をご紹介します。

日時

令和6年3月14日(木)13:30~16:00

方法

オンラインセミナー(Zoomウェビナーを利用)

申込

  • 費用:無料
  • 申込:申込フォーム(外部サイト)よりお申し込みください。
    ※こちらの申込フォームを利用できない場合、下記お問い合わせ先にご連絡ください。

ゲスト講演者

水谷伸吉氏(一般社団法人 more trees事務局長)

1978年東京生まれ。
慶応義塾大学経済学部卒。その後㈱クボタを経て2003年よりインドネシアでの植林団体に移り、熱帯雨林の再生やグリーンツーリズムに取り組む。
2007年に音楽家・坂本龍一氏の呼びかけによる森林保全団体「more trees」の立ち上げに伴い、活動に参画し事務局長に就任。以来、国内各地でのJ-VER/Jクレジットの立ち上げ、フィリピンではVCSに準拠したプロジェクト化に関わるとともに、森林由来のクレジットに特化したカーボン・オフセットのマッチング事例を手掛ける。

内容

主催者挨拶
JIFPRO
林野庁挨拶
谷本 哲郎 (林野庁)
事業概要説明
高原 繁(JIFPRO) 事業概要とセミナー開催趣旨 ~民間企業による森づくり活動促進のために~
ゲスト講演
水谷 伸吉 (more trees) 企業による植林活動の傾向と展望/インドネシアの事例
質疑応答
(休憩)
実証試験報告
柴崎 一樹(JIFPRO) ケニア半乾燥地での小規模農家向け植林のモニタリング手法開発
仲摩 栄一郎(JIFPRO) マレーシア・サバ州での越井木材工業アカシア産業植林
地の炭素蓄積と生物多様性評価
総合討論
各発表者&越井木材工業・コマツ/進行:田中 浩(JIFPRO)

お問い合わせ

担当:倉本
TEL 03-5689-3450 / FAX 03-5689-3360
MAIL junki@jifpro.or.jp