森林総合研究所REDD 研究開発センター 国際セミナー

2017.12.18イベント情報

2018年2月7日(水)に、REDD+の低コストな排出削減量の評価方法や地域レベルのREDD+活動の評価について国際セミナーが開催されます(主催:森林総合研究所)。
本セミナーでは、REDD+を下支えする様々な技術的な課題について、国内外の専門家をお招きし、研究開発の成果について情報共有をします。さらに、今後のREDD+プラスへの民間参画の一層の促進に向けた課題について議論します。

JIFPROは、このセミナーに運営事務局として携わっています。

詳細はREDD研究開発センターのウェブサイトをご覧ください。
http://redd.ffpri.affrc.go.jp/events/seminars/2018/20180207_ja.html 

日時

2018年2月7日(水)10:00~17:30(開場9:30)

会場

東京国際交流館 プラザ平成 3階 国際交流会議場(ゆりかもめ「船の科学館」駅徒歩3分)
会場アクセス

内容

基調講演:REDDプラスの実践と今後の課題―住民の便益と森林保全活動の両立を目指して―
奥田敏弘/広島大学
Session 1:各国の条件に即した排出削減量の計測と参照レベルの設定
FAO、ベトナム、日本森林技術協会
Session 2:地域におけるREDDプラス活動と民間参画
CIペルー、森林総合研究所
パネルディスカッション:REDDプラスの展開に向けたこれからの課題と民間参画
講演者、林野庁

使用言語:英語・日本語(二言語同時通訳)

申込

昨年度のセミナーの模様