ナレッジ名称:竹材の湿式法油抜き加工

ナレッジ概要

伐採した竹はそのままではカビや害虫によるダメージを受けやすく、時間や直射日光により褪色と劣化が進む。そこで、竹に含まれる油分を取り除き、耐久性を高める技術が油抜きである。竹表面の汚れが落ちてツヤが増し、製品加工後に美しさが長持ちする効果がある。油抜きは乾式法と湿式法に分類できるが、本ナレッジでは、よりしなやかに仕上がり、産業的な方法として採用される湿式法の油抜き加工を対象とする。

背景(歴史・発展)

日本において竹類は全国各地に生育しており、マダケ、モウソウチク、ハチク、チシマザサなど131群に分類される種類の竹が自生または栽培されている。そのうち有用種が農業、漁業に用いる暮らしの道具に利用され、縄文前期の遺跡から籃胎漆器(竹を網目状に編んだものに漆を塗り重ねた容器)が青森県是川遺跡で出土していることから、その歴史は少なくとも数千年前にまで遡ることができる。

竹の稈(かん:茎の部分)の表面は「油」と呼ばれるワックス成分で覆われ、水をはじく撥水性がある。竹を伐採したあと、ワックスが付いた自然のままの青竹を使用する方法と、油抜き(または、晒し)加工を施した白竹(または、晒し竹)を使用する方法がある(図1)。前者により生産されたものを青物、後者により生産されたものを白物と呼ぶ。特別な処理をしない青竹は、古くから農具や漁具、台所道具といった、暮らしに必要な消耗品に使用されてきた。撥水性があるため、雨水にさらされる竹垣などエクステリアにも適している。一方、伐採後に手間をかける白竹は、弓矢、釣具といった靭性や耐久性が求められる道具や、美しさを追求する工芸品に使用されてきた。芸術作品の場合、自然本来の美を生かすため青竹を用いる場合もあるが、表面の美しさが保たれる白竹を用いる場合が多い。

白竹を得る油抜きの手法は、竹を火であぶりワックス分を融解させて拭き取る乾式法と、熱したアルカリ性水溶液に浸しワックス分を溶解させる湿式法に大きく分類できる。いずれもその起源について定説はないが、乾式法のほうが古くから行われていたと考えられる。量産に向く湿式法は、竹製品の品質向上と産業の確立のなかで発展し、現在まで日本各地で行われている。

図1 油抜き前後の竹の比較(右側が油抜き前、左側が油抜き後)

具体的技術(製法、作業方法、実施方法等の具体的なナレッジの方法)

乾式法の油抜きは火晒しとも呼ばれ、竹を直火であぶり油分を浮かせて取り除く。火のあぶり加減など熟練した技術が必要で、処理できる量は少ない。一方湿式法は湯晒しとも呼ばれ、竹をアルカリ性水溶液で煮て油分を浮かせて取り除く。アルカリを加えるのは鹸化(けんか)反応で脂質が分解し、溶解するためである。煮沸用の設備を大きくすることで一度に処理する量を増やすことが可能な湿式法は量産に向き、産業的な方法として製竹店で採用されることが多い。また、乾式法はより耐久性が高く、湿式法はよりしなやかに仕上がり、編組加工用には湿式法が適している。本ナレッジでは湿式法油抜き加工を対象とし、工程を記す。

  1. 苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)のアルカリ性水溶液を熱する。苛性ソーダ水の場合、水酸化ナトリウムを重量%で0.03-0.05程度に調整する。水酸化カリウムも同様に使用できる。
  2. 70℃以上、100℃近くまで熱したアルカリ性水溶液に竹を浸し、10分から15分程度、煮沸する。
  3. 竹を取り出し、表面に滲み出てきた油分と汚れを布で拭き取る(図2)。
  4. マダケは(2)から(3)を1回、モウソウチクは2回繰り返す。
  5. 半月から1ヶ月ほど天日干しにして十分乾燥させる。

必要な設備は窯と熱源であり、製竹店では5メートル以上ある長竹のままアルカリ性水溶液で煮沸することが可能な専用ののぼり窯が使用される(図3)。竹材の長さが短ければ、ステンレス水槽とガスコンロでも可能である(図4)。また苛性ソーダの成分である水酸化ナトリウムはタンパク質に対する腐食性が強く劇薬指定なので扱いには注意する。代わりに炭酸ソーダ水や石鹸水、木灰でも可能である。ただし、晒す時間、期間、回数は、加工時期や気候、竹の種類や年生および伐採時期、加工量などによって調整される。

図2 苛性ソーダ水の入ったのぼり窯に竹を数本入れ煮沸し、油分を拭き取っている(永井製竹株式会社、大分県別府市)。
この後乾燥すると竹の表面がクリーム色になる。
図3 油抜き用ののぼり窯。永井製竹株式会社(大分県別府市)
図4 少量煮沸用の油抜き装置(大分県竹工芸訓練センター)

ナレッジ活用事例

竹稈の木部には糖類やデンプンが多く含まれ、そのままではカビや害虫によるダメージを受けやすい。また、時間の経過や直射日光により褪色と劣化が進む。そのため、油抜き加工を施すと、竹に含まれる油分が取り除かれ、糖類も抜け、その後の乾燥で含水率を低下させることにより耐久性を高めることができる。油抜きにより、竹表面の汚れも落ちてツヤが増し、製品加工後に美しさが長持ちする。青い表皮がクリーム色に変化するため、油抜きは別名晒し加工とも呼ばれ、加工後の竹材は、白竹あるいは晒し竹と呼ばれる。白竹で作られた製品は白物と呼ばれ、油抜きをしない青竹を用いた青物と区別される(図5)。油抜き加工により、完成品の品質を高められるだけでなく、品質が安定することでより品質管理がしやすい製品となる。

図5 白物による竹のかご(別府竹細工)

アジア諸国において、竹製品は森林ビジネスの産品候補として期待されている。竹は生育が早く換金までの年月が短いため、ビジネスに参加する住民が効果を実感しやすい産品である。一方、途上国は一般に製品の品質が低く、国内富裕層向けや外国人観光客向けあるいは海外輸出といった付加価値が高い市場への参入障壁となっている。油抜き加工を導入し、品質が高く、安定した製品生産が可能となることで、竹製品がより収益性の高い森林ビジネスとして成長することが期待できる。

ただし、竹は種類が多く、種類によって、油分の多寡や、厚さ、硬さなどの特徴が異なる。そのため、異なる国や地域へ油抜き加工を導入する際には、当地で利用される竹の種類に合わせた工程の調整が必要である。また、アルカリ性水溶液については、当地で入手可能なアルカリ原料と、その原料に応じた濃度調整が必要となる。

日本における位置づけ・特徴

乾式法の油抜きは弓矢の製作に用いられていることからも、古くから世界各地で行われていたと考えられる。京都・京銘竹では乾式法を採用する点が特徴とされる一方で、湿式法は量産に向き、しなやかに仕上がるため編組加工に向くとされ、日本各地の竹細工産地の発展とともに培われてきた技術である。湿式法において、アルカリ濃度が高すぎると竹材の色が黄色くなりすぎ、低すぎると油分が抜け切らず効果が得られないため、求める竹材に仕上げるには、職人の技術と経験が必要となる。

日本における竹製品の商流は、竹林の保有者、竹を伐採する切り子、竹の油抜きなど素材を加工する製竹店、竹製品生産者というように、素材生産から製品加工までに細かい分業が行われており、それぞれに専門技術が培われてきた。青物を専門とする生産者は自身で山に入り竹材を調達する事例に鑑みると、油抜き加工の技術の発展と継承は、山から切り出した竹材をいったん集約し、素材としての質を高めて生産者へ販売する製竹店が存在するゆえのものであり、日本における竹製品の商流構造と関係が深いと考えられる。

ナレッジの所有者・継承者および連絡先

油抜きの方法は竹工芸の専門コース等で指導されている。例えば、大分県竹工芸訓練センターが竹工芸科(定員12名、訓練期間2年)のコースを設け、別府市竹細工伝統産業会館では市内在住者向けに竹の教室を開催し機械類を整備している。京都伝統工芸大学校(京都府南丹市)に竹工芸専攻コースがある。

関連URL

引用・参考文献

  • 公益財団法人国際高等研究所(2019)「『日本文化創出を考える』研究会2018年度報告書」
  • 林野庁(2018)「竹の利活用推進に向けて」
  • 竹かご部編(2015)「竹かごハンドブック」 誠文堂新光社

その他

竹製品は木材と比較して生育がはやく、換金までの年月も短いので、近年、森林保全政策として各国で推進されている住民参加型の森林管理制度と相性のよい素材である。

投稿者

投稿者:
JIFPRO
メールアドレス:
webadmin@jifpro.or.jp
サイトURL:
https://jifpro.or.jp/

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です