ちょっぴりですが減らしました、地球の負担

地域のニーズや自然条件に適した地域をまもるため、民間企業、団体、個人の方からの寄付金からなる熱帯林造成基金をもとに植林活動を行います。
JIFPROは、1992年より、東南アジアを舞台に8,534ha(53プロジェクト)の面積に植林しました。これは、東京ドーム1,825個分に相当する面積です。

これまでに、ミャンマー、タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの計5カ国で実施しました。
植林の目的は、現地住民のニーズや環境によってさまざまで、住民が利用するコミュニティフォレストや水源涵養などがあります。

また、現地カウンターパートは8割以上が行政機関となっています。

熱帯林造成基金の詳細や寄付方法については、こちらをご覧ください。

植林プロジェクト