海外主要国の森林吸収量の推定方法に係る調査・分析

イタリアにおける関係者へのヒアリング

スイスにおける関係者へのヒアリング

JIFPROの取り組み

  • 海外主要国の森林吸収量の推定方法等の分析・整理
  • 2020年以降の新枠組み(パリ協定)での森林吸収量の算定・計上ルールに対する各国の意見を分析・整理

調査・分析の概要

国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)下、2015年のCOP21でパリ協定が採択されました。
これは京都議定書に代わる新たな法的枠組として、2020年以降に適用されます。
これを受けて、今後、森林吸収量の算定・計上方法に係る詳細なルールについて交渉が本格化する見込みです。

そこで、日本の2020年以降の森林吸収量の算定方法を適切に評価するため、他国の森林吸収量の推定方法や考え方について情報収集することが重要であります。

JIFPROでは、林野庁から、森林吸収源インベントリ情報整備事業(審査対応等(次期枠組における森林吸収量の算定・計上方法に係る調査・分析))の委託を受け、イタリア・スイス・中国・マレーシアでのヒアリング調査を行いました。
また、海外主要国の森林吸収量の算定・計上方法等の分析・整理を実施しました。

関連リンク